『春機発動器』2004/4/6,7

die prazte主催
メンタリーショッキングアーツコレクション参加公演。
作・演出・出演:村田朋未
出演・創作協力:チャタ、辻桃江(ヂバドロ・アノ)
演奏:ケチカ・ブラスカ(小松原未衣&アラン・パトン)

【Comment】
舞台と楽屋、夢と現実、来し方行く末くるくるまわる万華鏡。ケチカの情熱の調べに乗せて。桃江姐さんの美脚に、チャタ坊の女装に心惑わされる者続出。村田のポロリもあったよ。

『御中元』2003/7/15,16

神楽坂die pratzeにて。ムラタ制作所初の企画公演。
作・演出・出演:村田朋未
出演:柴崎岳史(シルヴプレ)、島留美、チャタ、辻桃江(ヂバドロ・アノ)

【演目】
プロローグ/猫と女/ヒトガタ/診察室/食事/埋葬/金魚女/
屋敷の三姉妹/エンディング

【Comment】
箱の中と外、表と裏、夢と現実と妄想とを切れ目なくぐだぐだにしたかった、そんな感じです。いつかまたあなたにめしあがっていただける日をゆめにみて、いまもまだ煮込みつづけております。

『第三次性徴』2001/7/24,25

再びdie pratzeにて。再びチャタ、柴崎たけし出演。

【演目】
第三次性徴/LOVERS/犬/食事/うみづき/ENDING

【Comment】
珍しく一言も喋らなかった公演。初めて物販などしてみた。Tシャツ&ポストカード三種販売。ポストカードはまあまあ売れたがTシャツは一枚のみ…。スタッフに配って無理やり着て貰った。

『四人展』2000/11/20

テルプシコールにて。先輩パントマイマーCHiCAによる企画公演。
出演は他にCHiCA、加納真実、京本千恵美。

【演目】
エスプレッソ激情/ボーイミ-ツガール/黒い帽子

【Comment】
四人の女性パフォーマーによる夢の競艶。エスプレッソは男子二人を率いてのスライドを使ったキャバレーダンス。

『愛の掟』2000/7/11,12

神楽坂die pratzeにて。村田の他にチャタ、柴崎たけしが出演。

【演目】
愛の掟~overture~/なめくじ/図書室/黒い帽子/体育倉庫/
~男子によるタンゴ~/二人の部屋/雨/ENDING

【Comment】
前日のリハーサル中に足を負傷。根性とスタッフの励ましで乗り切った公演でした。全体に怖い感じにしたくて怪談とか入れたのがいけなかったんでしょうか。以来小屋入り時にはお祈りを欠かしません…

『くちびる』1998/7/4,5

初のソロ公演。テルプシコールにて。

【演目】
マンボーの女/少女博士と告白ロボット/ボーイミーツガール/
スイタイ/部屋

【Comment】
丸くて堅かった…気がします。チラシ写真でかぶっているのはマンボウのかぶりもの。